【クラウドワークス】初心者向け20記事1000円のライティング案件ってどんなもの?

スポンサーリンク
Life
ちゃむ
ちゃむ

どうも!

ズボラアラサー女子ちゃむです!

このコロナ禍で働き方を考えたり、本業とは別に副業を考える方も増えてきましたね。

わたしもリベ大の両学長(@freelife_blog)の動画をきっかけに、興味を持ちクラウドソーシングサイトに登録をしました。

データ入力、アパレルの商品登録、アンケートなど様々な案件を経験しましたが、特に得るものが大きかったと感じているのが初心者歓迎のライティング案件

今回は、初心者向けライティング案件はどのような仕事内容なのかどんな事が得られるのかを徹底解説していきます!

今回取り上げるのはライター向け案件ではなく、初心者・未経験者向けのライティング案件です。

今回わたしが利用したクラウドソーシングサイトはCrowdWorks(クラウドワークス)

\登録・案件獲得もすべて無料
スポンサーリンク

応募した案件

募集要項
  • 20記事納品
  • 1記事2000文字
  • 報酬1000円
  • 期間2か月
  • 健康(食事、運動、ダイエット)ジャンルに興味のある方歓迎
  • マニュアル、記事添削あり
  • 未経験・初心者歓迎
ちゃむ
ちゃむ

20記事納品で1000円って安すぎん!?

やはり引っかかるのは報酬ですよね。
Webライターの案件の相場は未経験でもだいたい1文字1円~。それをはるかに下回る報酬額。

応募するか迷いましたが、0からの未経験でもマニュアル・添削サービスもしっかり行ってくれるとのこと。

「しっかり学びながら記事が書けるわけだし、とりあえずやってみるか!」と応募してみました。

応募から納品までの流れ

初心者向けライティング案件
  • 案件応募
    簡単なプロフィールを記入し、応募。
  • テストライティング

    渡されたキーワードを使用し、2000文字で記事作成。

  • 採用
    提出した記事を見ていただき採用

    招待されたSlackに参加し、マニュアルをいただく。

  • 記事作成

  • 添削依頼
  • 納品
  • 案件終了
    20記事納品で報酬獲得

流れはシンプルに見えますが、慣れない記事作成は結構大変で最初は時間がかかりました。

具体的な内容をこれから解説していきますね。

\長時間のPC作業にはスタンドの使用がおすすめ/

具体的な仕事内容

記事作成の流れは以下の通りです。

  • 書きたいキーワードを選ぶ
  • キーワードのリサーチ
  • タイトルを決める
  • 構成を考える
  • 記事執筆
  • アイキャッチ画像の選定
  • 添削していただき修正し記事納品

キーワード選定→リサーチ

キーワードはクライアントがスプレッドシートにいくつか準備してくれていました。

その中から自分が興味があるもの、書きやすそうなものを選ぶことができます。

選択したキーワードでの検索結果をリサーチし、読者が何を求めているのか上位記事の構成などをリサーチする。

ちゃむ
ちゃむ

記事作成の基本だね!

タイトル決め

  • タイトルは32文字前後
  • キーワードを左寄りに入れていく

とマニュアルにはありました。

Googleの検索結果の表示は32文字までしか文字が表示されないためですね!

文字数だけでなく、タイトルを決めるポイントもマニュアルで教えていただきました。

このように、マニュアルで簡単なSEO対策も学べましたよ。

構成→記事執筆

初心者には構成を考えるのが一番難しかった

どの順序で書いて行くか、どの流れが一番読者が読み進めやすいか。

添削でもよくアドバイスいただいたのが構成でしたね。

でも何記事も書き進めているうちになんとなく型が分かってきて、構成を考える時間も短くなりました!

アイキャッチ画像の選定

アイキャッチ画像はフリー画像から、記事の内容に合うものをとマニュアルで指示がありました。

フリー画像サイトもマニュアルにいくつか載っていたのでスムーズに選ぶことができましたよ。

主に使用したフリー画像サイト

添削依頼→修正→納品

毎回、記事の執筆が終わったら添削をしてもらいます。

招待されたSlackではわたし以外にもライターさんが5名ほどおり、クライアントの他にもう2人くらい添削を行ってくれました。

参加している方は学生さん、主婦、定年退職された方など幅広く、男女も半々でした。

添削も、動画を使用して詳しく行ってくれ、初心者のわたしにはとても有難かったです。

また、指摘だけでなく良いところもしっかりほめてくれるのでモチベーションも上がりましたね!

ちゃむ
ちゃむ

ほめられて伸びるタイプ♪

客観的に自分の文章に対して意見がもらえるのと、自分の記事の添削だけでなく他の方の添削も見れるし、納品された記事も読めたのでそれが一番勉強になったな!

初心者向けライティング案件で得たもの

  • ライティングの経験
  • 簡単なSEO対策
  • 文章力
  • 記事作成の基本・流れ
  • WordPressでの記事作成の仕方

初心者のわたしにはすべてが新鮮で勉強でしたが、初心者向けライティングではライターとして副業していくために必要な事をだいたい学ぶことができたと思います。

文章力は20記事も書けばだんだん身についてくることもわかりました。

最初に提出した自分の記事を見るとかなり恥ずかしい。。。笑

また、わたしが応募した案件が記事納品がWordPressだったので、WordPressでの記事作成の方法がマニュアルで1から学べたのも大きかった!

案件によって、記事納品の形は変わってきます。(Word、Excel、Googleスプレッドシート・ドキュメントetc…)

ちゃむ
ちゃむ

この経験をしたからこのブログがあると言っても過言ではない。

この案件がおすすめな人

実際に体験してみて、初心者向けライティング案件がおすすめな人は以下のような方といえるでしょう。

  • 記事作成未経験者
  • ライティングの基礎を学びたい人
  • 時間をかけてコツコツできる人
  • 他の案件をかけもちしていない人

とにかく「記事作成をしたことがなくて不安」という方にはおすすめな案件です。
ただ、1記事あたりの単価は低いので「勉強しながら多少お金がもらえる」と割り切って取り組むことが必要。

\会員登録無料

おすすめしない人

たくさんの事が得られる案件ですが、以下のような方にはあまりおすすめできません。

  • 短期間で稼ぎたい人
  • コツコツやることが苦手な人
  • 他にも案件を平行して行いたい人
  • 稼げるノウハウが知りたい人

まず、実際にわたしが20記事納品完了までかかった期間は5ヵ月

なぜこんなに時間がかかったかというと、本業と並行して行っていたこと。

添削依頼をしてから数日後に添削が上がってくることもあり、本業もシフト制のため休日での作業は1記事納品するのに1週間はかかってしまいました。

(毎日数時間、時間を設けることができる方ならもっと早く納品できると思います。)

そのため、「短期間でガッツリ稼ぎたい!」という方には向いていないと思います。

また、文章の基本や読みやすさなどのアドバイスはもらえますが、稼ぐノウハウなどのマニュアルはありません。

初心者向けライティング案件を終えて

20記事納品が終了したら、クライアントから継続契約のお話がありました。

内容は、記事作成の続行に加え、添削

添削こそかなりいい経験になりそうですが、ブログ運営がおろそかになりそうだったので今回はお断りしました。

今回のクライアントさんのマニュアルは基本が詳細にまとまっていて、初心者のわたしでも簡単に理解ができるものでとても勉強になりました。

クラウドワークスにて報酬を受け取り終了です。

まとめ

  • 初心者向けライティング案件はライター・ブロガーになるための基本が習得できる
  • 何度も記事作成→添削を受けることで文章力が上がる
  • 契約記事数が多いので、1つの案件で長期間拘束されてしまう
  • 期間の長さ、報酬の低さはネックだが得られるものが大きい

総評すると、初心者向けのライティング案件はライティングスクールに参加しているような感覚でした。

わたしのクライアントさんがとても良かったのかもしれませんが、記事作成の基本を丁寧にまとめたマニュアルを得ることができたのが報酬以上に良かったと思います。
前述したように、1記事あたりの報酬を考えると相場よりはるかに低いので、「勉強しながらお金がもらえる」と割り切って取り組むことが大切です。

この案件をやっていなかったら、ブログ開設もしていなかっただろうな。

ブログ開設して1か月目の実績はこちら

「ライティングやってみたい!!」と思って一歩を踏み出せていない方、
ぜひ応募してみてください!

\案件応募はこちらから/
タイトルとURLをコピーしました