\ 最大11%ポイントアップ! /

    ストレッチポールのやってはいけない使い方は?効果的な活用方法を徹底解説

    ストレッチポールのやってはいけない使い方

    乗るだけで簡単に背骨のリセットができるストレッチポール。

    ”乗るだけ”という手軽さから、誰でも簡単に体のケアができるアイテムです。
    しかし、ポイントをおさえないと効果が十分に得られなかったり体を痛めてしまったりする原因に

    ちゃむ

    この記事では、パーソナルトレーナーである筆者が、ストレッチポールのやってはいけない使い方について解説します。

    あわせて、効果的な使い方のポイントについてもご紹介
    ポイントをおさえて、ストレッチポールで快適な体を手に入れましょう。

    \しっかり効果を得たい人はこれで決まり!/

    こまかい本格ケアならマッサージガンがおすすめ!

    目次

    ストレッチポールのやってはいけない使い方

    ストレッチポールのやってはいけない使い方

    ストレッチポールでやってはいけない使い方は以下の4つです。

    やってはいけない使い方
    • 腰が反った状態で乗る
    • ポールと背骨を垂直にし腰骨に当てる
    • 首をゴリゴリほぐす
    • 長時間やりすぎる

    NG①腰が反った状態で乗る

    ストレッチポールに体を乗せる際は、腰が反った状態はNGです。
    腰が反った状態で乗せてしまうと、「背骨をリセットする」という効果が得られません。

    最悪の場合腰を痛める可能性があるため、注意が必要です!

    本来の背骨は緩やかなS字カーブを描いています。

    ちゃむ

    美しいS字の状態に戻すためには、背骨をフラットにするイメージでストレッチポールに乗せましょう。

    NG②ストレッチポールを腰にぐりぐり当てる

    ストレッチポールを腰にぐりぐり当てるのはNGです。

    腰椎(腰の背骨)は、もともと前側にゆるやかに湾曲しています。
    ストレッチポールを腰骨に垂直に当てると、腰の反りをさらに強くし、腰椎に負担がかかるため注意が必要です。

    腰が痛いと、ついつい腰周りをぐりぐりほぐしたくなりますが、それは逆効果。

    ちゃむ

    むしろ、腰が痛いときは他に原因がある可能性があります

    NG③首をぐりぐりほぐす

    ストレッチポールで首をぐりぐりほぐすのはNGです。
    首を強くほぐすと、血管や神経などの重要な組織を傷つける可能性があります。

    また、頚椎(首の背骨)は、腰椎・胸椎よりもデリケートな部位です。
    腰と同様に前側にゆるやかに湾曲しており、腰椎・胸椎よりも小さな骨が連なっています。

    首をストレッチポールに垂直に乗せる行為は、首にとって大きな負担がかかるのでやめましょう。

    NG④長時間やりすぎる

    ストレッチポールは長時間使用してはいけません
    長時間使用することで、筋肉を傷めたり、筋膜が癒着したりする恐れがあります。

    ストレッチポールは、”乗るだけ”という簡単さから、乗ったままテレビを見ているなんて人も多いのではないでしょうか?
    なかには、「気づいたら30分以上時間が経過していた」なんて人も。

    ストレッチポールでのボディケアは、長時間やればいいというわけではありません。
    むしろ、逆効果です!

    ちゃむ

    ストレッチポールは1回5~15分程度の使用に留めましょう。

    ストレッチポールの効果的な使い方の5つのポイント

    ストレッチポールの効果的な使い方の5つのポイント

    ストレッチポールの効果を十分に得るためには、以下の5つのポイントをおさえましょう。

    効果的な使い方のポイント
    • 背中・腰をストレッチポールにしっかりくっつける
    • ストレッチポールを正しい位置に当てる
    • ゆっくり徐々に圧をかける
    • 終わった後はゆっくり起き上がる
    • 1回5~15分で小まめに使用する

    POINT①背中・腰をストレッチポールにしっかりくっつける

    ストレッチポールで背骨のリセットをするときは、背中・腰との間に隙間ができないようにしっかりくっつけましょう
    ストレッチポールと背骨を、真っすぐぴったりくっつけるイメージです。

    膝を伸ばした状態よりも、足裏を床に付けて膝を曲げた状態の方が、腰が反りづらく姿勢が安定しますよ。

    POINT②ストレッチポールを正しい位置に当てる

    ストレッチポールでほぐし・筋膜リリースをするときは、正しい位置に当てましょう

    腰が痛いとついつい腰をほぐしたくなると思います。
    しかし、腰をストレッチポールでぐりぐりほぐすのは腰をさらに痛めてしまう可能性があり、大変危険です。

    腰が痛いときは、他の筋肉の状態が悪く、腰に影響がある可能性があります。

    腰に悪影響を及ぼしている場所は人によりますが、以下の箇所のコンディションを整えると多くは改善します。

    腰が痛いときは…
    • 胸椎(胸の後ろの背骨)
    • お尻の筋肉
    • 太ももの筋肉

    POINT③徐々に圧をかける

    ストレッチポールで体をほぐす際は、徐々に圧をかけていきましょう
    いきなり強い圧をかけてしまうと、筋肉や関節を傷める可能性があります。

    特に、呼吸を止めないことが大切です。
    呼吸が止まってしまうと筋肉がぐっと硬くなってゆるみくくなります。

    ちゃむ

    呼吸を繰り返しながら、じわじわと気持ちがいい程度の圧を加えていきましょう。

    POINT④終わった後はゆっくり起き上がる

    ストレッチポールから体を起こすときは、ゆっくり起き上がりましょう
    急に起き上がると、腰を痛める可能性があります。

    起き上がるときのポイント
    ストレッチポールから起き上がるときのポイント
    • 自分が降りやすい側にお尻をずらす
    • ゆっくり滑るように体を降ろす
    • しばらく仰向けになって体の変化を感じてからゆっくり起き上がる

    引用:ストレチポール公式サイト

    POINT⑤1回5~15分でこまめに使用する

    ストレッチポールは、使用時間は短く・使用頻度は高く使用しましょう。

    体は、日々のクセで、悪い状態に簡単に戻ります。
    そのため、最低でも1日1回使用するのがおすすめです。

    良い状態をキープするためには、ストレッチポールに乗る習慣をつけましょう。

    習慣化しやすいタイミング
    • 朝起きたら・夜寝る前
    • 午前中の家事を終えた後
    • ランニング後

    など

    ちゃむ

    自分が習慣化しやすいタイミングをみつけよう!

    おすすめのストレッチポール3選

    おすすめのストレッチポール

    ここでは、数あるストレッチポールからおすすめの3点をご紹介します。

    しっかり効果を得たい人は「LPN ストレッチポールEX」がベター

    • 元祖ストレッチポール
    • アスリート・医療現場まで幅広いシーンで活用されている
    • 他では得られない反発感が魅力

    今では類似品が多数販売されていますが、こちらが本物のストレッチポールです。
    効果を十分に得るために研究された「適度な硬さ」は唯一無二。
    体が安定し、手足を脱力させられるため、効果的なコンディショニングができます。

    10年以上の使用実績もあり、「しっかり効果を得たい」「長く使いたい」人にぴったりです。

    見た目で選ぶなら「リセットポール ベーシック」がぴったり

    東急スポーツオアシス 楽天市場店
    • フィットネスクラブ「東急スポーツ」オリジナル商品
    • 落ち着いたくすみカラーがインテリアによく馴染む

    「リセットポール ベーシック」の魅力は、なんといってもおしゃれなカラーバリエーション
    落ち着いたくすみカラーは、置きっぱなしにしても部屋の景観をくずしません。

    芯材は、華奢な女性が体を乗せても痛くなりにくい弾力のあるEVAを使用しています。
    「リセットポール ベーシック」は、女性にぴったりのストレッチポールといえるでしょう。

    いろんな使い方をしたい人には「LPN ハーフカット」がおすすめ

    • EXの反発感・耐久性はそのまま
    • 安定感があり年配の人・妊娠中の人にもおすすめ
    • 背もたれクッションや体幹トレーニング用にも使える

    かまぼこのような形状のハーフカットタイプは、コンディショニング以外にも使えます。
    例えば、デスクチェアの背もたれと背中の間に入れたり、体幹トレーニングに使用したりも可能

    引用:楽天市場

    また、スタンダードタイプよりも収納に場所をとらないのもメリットです。
    実用性の高さで選ぶならハーフカットも視野に入れましょう。

    よくある質問

    ストレッチポールについてのよくある質問

    ストレッチポールに関するよくある質問をまとめました。

    ストレッチポールのデメリットはなんですか?

    ストレッチポールのデメリットは以下の4つです。

    • 持ち運びが難しい
    • 使い方を誤ると体を痛める可能性がある
    • 正しく使用しないと効果が得られにくい
    • 使用時・保管時ともに場所を取る

    デメリットはありますが、それ以上に正しく使用すれば、しっかり効果が得られます。
    小まめに乗って背骨をリセットするだけで、姿勢がキレイになったり腰の痛みが軽減したりと、毎日を快適に過ごせるようになりますよ。

    ストレッチポールで反り腰は改善しますか?

    ストレッチポールの使用は、背骨のポジションをリセットし、反り腰の改善が期待できます

    しかし、使い方によっては状態を悪化させる原因になるため注意が必要です。
    特に反り腰の人は、腰に垂直にストレッチポールを当てるのは、腰骨の反りをさらに強くしてしまうので行わないようにしましょう。

    ストレッチポールでストレートネックは改善しますか?

    ストレッチポールでのエクササイズは、ストレートネックの改善に効果的です。

    簡単なのは、ストレッチポールに背骨をまっすぐ乗せて呼吸をしながらゆっくり左右に揺れてみましょう。
    背骨がリセットされ、首の位置も正しい位置に戻りやすくなりますよ。

    しかし、日常でスマホ・PCの利用が多い人はすぐに元に戻ってしまいます。
    短時間でよいので、こまめにリセットするのがよい状態をキープするポイントです!

    ストレッチポールのやってはいけない使い方と効果的な使い方のまとめ

    ストレッチポールのやってはいけない使い方と効果的な使い方のまとめ

    ストレッチポールのやってはいけない使い方は以下の通りです。

    やってはいけない使い方
    • 腰が反った状態で乗る
    • ポールと背骨を垂直にし腰骨に当てる
    • 首をゴリゴリほぐす
    • 長時間やりすぎる

    ストレッチポールの効果を正しく得るためにも、以下のポイントをおさえて使用しましょう!

    効果的な使い方のポイント
    • 背中・腰をストレッチポールにしっかりくっつける
    • ストレッチポールを正しい位置に当てる
    • ゆっくり徐々に圧をかける
    • 終わった後はゆっくり起き上がる
    • 1回5~15分で小まめに使用する

    \しっかり効果を得たい人はこれで決まり!/

    こまかい本格ケアならマッサージガンがおすすめ!

    ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次