\ 最大11%ポイントアップ! /

    知っておくべきマッサージガンのデメリットや危険性!回避する方法は?

    知っておくべきマッサージガンのデメリットや危険性!回避する方法は?

    マッサージガンは使用する際に、専門的な知識は必要ありません。
    誰でも簡単に、本格的なケアができる」のがマッサージガンのメリットです。

    ですがマッサージガンは、メリットだけではありません。
    マッサージガンには、デメリットや危険性もあるのをご存じでしょうか?

    デメリットや危険性を知らずにマッサージガンを購入・使用してしまうと、思うように効果を得ることができません。

    ちゃむ

    逆に体を傷めてしまう原因になることも。

    この記事ではパーソナルトレーナーとして300名以上にボディケアを指導してきた筆者が、マッサージガンのデメリットと危険性について徹底解説します。

    あわせて「デメリットや危険性を回避する方法」もお伝えしますので、「マッサージガンで後悔したくない方」はぜひ最後までご覧ください。

    オススメのマッサージガン

    • パワー軽さもバランスいい
    • バックケアアーム(別売り)で背中のケアがしやすい
    • 1台で全身ケア!顔もOK!
    目次

    マッサージガンの7つのデメリットや危険性

    マッサージガンの7つのデメリットや危険性
    1. 自分では当てずらいところがある
    2. 体がかゆくなることがある
    3. やりすぎると逆に体を痛めてしまうことがある
    4. 音がうるさい
    5. ハイパワーのものは重い
    6. 当ててはいけないところがある
    7. 価格が高い

    自分では当てずらいところがある

    マッサージガンはハンディタイプであるがゆえ、手の届く範囲でしかケアができません。

    特に当てづらいのが「背中」。
    背中はなかなか一人では届かない場所です。

    マッサージガンは背中が当てずらい

    体がかたければかたいほど、背中のケアは重要。
    しかしかたければかたいほど届かないのです。

    「背中のケアがしにくい」のは、マッサージガンのデメリットと言えるでしょう。

    体がかゆくなることがある

    マッサージガンを使用すると、体にかゆみを感じることがあります。

    マッサージガンを利用して起こる痒みは「血流」が良くなった証拠です。

    • ランニングをしたら太もも周りにかゆみを感じた
    • お風呂に入ったら発疹はないけど体がかゆくなった

    マッサージガンでのかゆみもこれと同じ現象です。

    好転反応と言ってもよいでしょう。

    ですが、このかゆみが嫌でマッサージガンの使用をやめてしまう人もいます。
    マッサージガンを使用した際の、「痒み」は不快感でありデメリットと言えるでしょう。

    やりすぎると逆に体を痛めてしまうことがある

    マッサージガンは、やりすぎると逆に体を痛めてしまうことがあります。

    マッサージガンは筋膜リリースをおこなう機器。
    筋膜は超うすい膜なので、同じ場所に長時間当てっぱなしにすると逆に癒着してしまいます。

    「強い方が効くだろう」と急に強い刺激を与えてしまうと、筋肉を傷めてしまったり毛細血管が傷ついて内出血につながる危険性もあります。

    マッサージガンは使い方を一歩間違ってしまうと、体を痛めてしまう危険性があると言えるでしょう。

    音がきになる

    マッサージガンには、パワフルな力を発揮するためのモーターが搭載されています。

    モーター音は電動ドリルのようなイメージで、とても心地のいい音とは言えません

    マンションなどの集合住宅や赤ちゃんがいる場合の使用は、「音が気になること」がデメリットになると言えるでしょう。

    ハイパワーのものは大きく重い

    マッサージガンは、ハイパワーになればなるほど大きく重い傾向にあります。

    重さがあることで振動させたときのバタつきが少なく、安定感があるのです。

    ですが、重いマッサージガンは施術中に腕が疲れてしまうことも。
    特に肩や背中のケアをしようと持ち上げた際に、使いにくさを感じます。

    マッサージガンに手軽さを求める人にとっては、大きさや重さはデメリットになると言えるでしょう。

    当ててはいけない場所がある

    マッサージガンには当てたら危険な場所があります。

    【マッサージガンを当ててはいけないところ】

    • わきの下
    • 鼠径部
    • 背骨
    • 頭蓋骨
    • 肋骨

    これらは大きなリンパがあるところであったり、とてもデリケートな場所です。
    このような場所に強い刺激を与えてしまうと血管を損傷してしまったり、骨にヒビが入ってしまう危険性があります。

    マッサージガンでは、リンパや骨を避ける必要があると言えるでしょう。

    価格が高い

    マッサージガンの価格はピンキリ。

    ですがある程度効果を求めるには、それ相応の価格のものを選ぶ必要があります。
    基本効果を得るためには、最低でも1万円以上のものを選択するのがおすすめです。

    なかなかパッと購入できる金額ではないですよね。
    マッサージガンは価格をデメリットに感じる方は多いと言えるでしょう。

    ですが、考えてみてください。
    本格マッサージに通うとなると1回平均5,000円
    参照マッサージの頻度や1回にかける金額の相場 )

    15,000円のマッサージガンを毎日使えば1回500円
    また、一家に一台あれば家族みんなで使用することもでき、コスパはさらにあがりますよ。

    マッサージガンのデメリットや危険性についての体験談

    マッサージガンのデメリットや危険性についての体験談

    重いから買い替えを検討する

    やりすぎて状態悪化

    背中に届かず無理をして体を痛めた

    背中に届かなくて困っている

    背中にあてずらくて他のケアグッズを買い足し

    マッサージガンでかゆくなった

    音がうるさくて周囲に気を遣う

    マッサージガンのデメリットや危険性を回避する5つのポイント

    マッサージガンのデメリットや危険性を回避する5つのポイント
    1. パワーと軽さのバランスが良いマッサージガンを選ぶ
    2. 背中に使いやすいマッサージガンを選ぶ
    3. 静音性が高いマッサージガンを選ぶ
    4. 振動の弱いモードから使用する
    5. 短時間で使用する

    マッサージガンのデメリット・危険性を回避するためには、使い方ももちろんですが「マッサージガン選び」が大切です。
    それぞれ詳しく解説していきます。

    パワーと軽さのバランスが良いマッサージガンを選ぶ

    マッサージガンはパワーが強ければ強いほど、強力なモーターを搭載しているため本体重量も重くなります。
    軽いマッサージガンはというと、モーターはチープになり強く押し当てた時に止まってしまうことも。

    わたしは5種類ほどのモデルを試したことがありますが、本体重量500gでも「意外と重い」と感じました。

    重さとパワーのバランスを考えると250~500gのマッサージガンを選ぶと、ストレスなくケアができるでしょう。

    背中に使いやすいマッサージガンを選ぶ

    マッサージガンは、背中に当てづらいのがデメリット。
    背中こそ、日常生活でかたまりやすく自分でケアできたら嬉しいですよね。

    最近では背中用のアームパーツがついたものや、ハンディ部分が変形するタイプなどがあります。

    背中に当てやすい仕様になっているかを確認しましょう。

    静音性が高いマッサージガンを選ぶ

    マッサージガンは、「ウィーン」といったモーター音がつきものです。
    マッサージガンをはじめて使う方は、この音にビックリしてしまうかもしれません。

    使う場所やシーンで音が気になる方は、静音性の高いマッサージガンを選びましょう。
    「40dB(デシベル)=図書館と同じくらい」のモーター音のマッサージガンがおすすめです。

    かたい床の上や骨が近い場所はさらに音が響きます。
    ヨガマットやマットレスの上で行うと、さらにストレスなくケアができますよ。

    振動の弱いモードから使用する

    マッサージガンは、振動レベルの調整が段階的に行えます。

    「強い方が効くだろう」と急に最大レベルで当てるのは危険。
    筋肉を傷めてしまう恐れがあります。

    まずは弱いモードから使用し、慣れてきたら徐々にレベルを上げていきましょう。

    短時間で使用する

    マッサージガンを長時間、同じ箇所に当てっぱなしにしてはいけません。

    長時間当てっぱなしにしてしまうと、逆に筋膜の癒着につながったり、揉み返しのような痛みの原因に。

    重点的に当てても、長くて1分。
    気になるところは、マッサージガンをスライドさせながら当ててあげるのがおすすめです。

    一か所に長くとどまらないように注意しましょう。

    デメリットをクリアにしたおすすめのマッサージガン3選

    デメリットをクリアにしたおすすめのマッサージガン3選

    MYTREX REBIVE MINI

    • 重さとパワーのバランスが良い
    • バックケアアーム(別売り)で背中のケアができる
    • 静音性が高い
    ちゃむ

    筆者も愛用中~!

    モノルルド リリースガン プラスアーム

    • 背中用アーム付
    • ソフトな刺激で骨の近くも安心
    • 手にフィットするサイズと軽さ

    MYTREX REBIVE MINI XS

    • 超軽量&小型
    • バックケアアーム(別売り)で背中のケアができる

    マッサージガンに関するよくある質問

    マッサージガンに関するよくある質問

    「筋膜リリースガン」と「マッサージガン」の違いは?

    筋膜リリースガン」と「マッサージガン」に違いはありません。

    マッサージガンは「マッサージ」という文字が入っていますが、要は筋膜リリースをおこなっています。
    よって筋膜リリースガンもマッサージガンも同じものを指していると言えるでしょう。

    筋膜リリースについて詳しく知りたい方はこちら

    マッサージガンで痩せることはできる?

    残念ながら、マッサージガン自体に痩せる効果はありません。

    ですがマッサージガンを使うことで、「見た目の変化」があったり「痩せやすい体」が手に入ります。

    「痩せたい」と思っているなら、マッサージガンを積極的に使いましょう。

    マッサージガンで顔のケアをすることはできる?

    顔のケアができるマッサージガン」を使えばフェイスケアもできます。

    しかし、すべてのマッサージガンで顔のケアができるわけではありません。

    対象のマッサージガンを使用しないと、顔の筋肉を傷めてしまったり、内出血ができてしまう恐れがあります。

    マッサージガンで顔のケアをする場合は、かならず対応している機器を選びましょう。

    マッサージガンで肩甲骨はがしはできる?

    「背中に当てやすいマッサージガンを使う」+「背中のストレッチ」で肩甲骨はがしが可能です。

    マッサージガンは背中に当てにくい」というのがマッサージガンのデメリット。
    そのため、マッサージガンで肩甲骨はがしをするには、背中に当てやすいマッサージガンを使う必要があるでしょう。

    「知っておくべきマッサージガンのデメリットや危険性!回避する方法は?」のまとめ

    「知っておくべきマッサージガンのデメリットや危険性!回避する方法は?」のまとめ

    マッサージガンには7つのデメリット・危険性があります。

    マッサージガンのデメリット・危険性
    1. 自分では当てずらいところがある
    2. 体がかゆくなることがある
    3. やりすぎると逆に体を痛めてしまうことがある
    4. 音がうるさい
    5. ハイパワーのものは重い
    6. 当ててはいけないところがある
    7. 価格が高い
    ちゃむ

    デメリット・危険性を回避するためには、マッサージガン選びも超重要!

    デメリット・危険性を回避するマッサージガン選びのポイント
    1. パワーと軽さのバランスが良いマッサージガンを選ぶ
    2. 背中に使いやすいマッサージガンを選ぶ
    3. 静音性が高いマッサージガンを選ぶ

    オススメのマッサージガン

    • パワー軽さもバランスいい
    • バックケアアーム(別売り)で背中のケアがしやすい
    • 1台で全身ケア!顔もOK!

    使用中は以下のポイントに気を付けましょう。

    デメリット・危険性を回避する使用上の注意
    1. 振動の弱いモードから使用する
    2. 一箇所に長くとどまらない

    マッサージガンはデメリットや危険性もありますが、正しく使うことで回避することができます。

    デメリットや危険性よりも得られる効果の方が断然大きいので、迷われているなら一度使ってみてください!

    筋膜は日常生活で「よじれ」や「癒着」を繰り返しています。
    今の迷っている時間も徐々に状態が悪化しているのです。

    ちゃむ

    迷っている時間はもったいない!
    今すぐマッサージガンでの筋膜リリースを始めましょう!

    ブログランキング・にほんブログ村へPVアクセスランキング にほんブログ村
    よかったらシェアしてね!
    • URLをコピーしました!
    • URLをコピーしました!
    目次